友人にお金を借りる

突然お金が必要になった際にお金を借りる時、誰に借りますか?周りに友人がいるからとその人にお金を借りようと思っていたら、それは本当にやって欲しくない行為です。お金を借りなければならない理由も大切ですが、借りる相手も選ばなければなりません。


お金を借りると友情が壊れる

お金を借りるといっても、現金を渡してもらったり支払いをしてもらったりと色々ありますが、連帯保証人もいわゆるお金の貸し借りになります。借りるということは、返すということです。すぐに返せる時があったとしても、友人にお金を借りるとなると信用問題にもなります。そのまま返済を忘れてしまっては、せっかくの友情も壊れてしまいます。お金は自分が働いて稼いだものです。簡単に友人にお金貸してと言う前に、普段のお金に対する価値観と借入先を見直してみましょう。


お金を借りるなら専門機関で

友人にお金を借りるとなると、その目的や金額によってもイメージが変わります。「ちょっと飲み代で300円小銭が無いから出してよ。」くらいの理由であれば、友人も難しい顔をせずに出してくれるでしょう。その際には借りるというよりは、お金を貰い、今度少しお礼をするという形でまとまることが多いです。ですが10,000円など金額が多くなると、相手もいつ返済してくれるのかと考えるようになります。友人にお金を借りるのは、得策ではないのです。

お金を借りるのは簡単ですが、友情を作り上げることは難しいですよね。友人に突然お金を借りずに済むよう、いざという時のためのキャッシングカードやクレジットカードなどを用意して、友情を壊さないよう気をつけましょう。

Posted 木曜日, 10月 16th, 2014 under お金を借りる.

Comments are closed.